日常復帰をサポートし再犯を予防する「Virtual Rehab 」

Posted on Posted in Media

「Virtual Rehab」は、犯罪によって囚人となった人に対し、VRによって教育や職業訓練を行うことで社会復帰をサポートするというシステム。 一度犯罪によって囚人となった人に対して、たとえ刑期を終えた後だとしても、社会の風当たりは冷たい。 これを「自業自得」と思う人は少なくないだろうが、刑期を終えたということはまさにその「自分の業」を果たしたということ。 実際、犯罪者が社会復帰しやすい環境では、再犯率が下がるといわれている。 ただ、理屈の上でそうだからといって、被害者感情や犯罪者に関する不安感もある。 なので、VRによって社会復帰しやすくなるというのは犯罪者のみならず社会にとってもメリットが大きそうだ。   Source: VRInside Share This: